バンコクで健康診断を受けたい

タイは先進医療を備えた国で、特に首都バンコクは中東やヨーロッパからもメディカル・ツーリズム目的で訪れる人がいるほどです。


健康診断の費用も全体的に安価で、快適に受診できると現地在住の日本人からも好評です。タイの首都バンコクには10万人近い日本人が住んでいるとされ、3大病院(サミティベート病院、バムルンラード病院、バンコク病院)には日本人相談窓口が設けられています。



病院のタイ人スタッフが日本語を話せるので、異国でありながら健康診断受診の際、日本語で受付でき、受診も日本語で可能と、まるで日本にいるような気さえしてくるものです。

こうした日本人対応のある病院は院内がデパートのように充実しています。

コーヒーチェーン店、日本食レストランチェーン店、本屋、ギフトショップ、美容室等があり、ピアノの生演奏で日本の音楽が流れていることもあります。
待合所も豪華でホテルのようだと言われています。

健康診断の待ち時間にこうした施設を利用しながら優雅にくつろぐことが可能です。



当然ながら病院は清潔で居心地が良く、機材も最新で、またスタッフも日本人の対応には慣れており手際がいいので長々と待たされることもなく、ストレスもないといいます。

健康診断の結果は後日郵送で届きますが、重要な項目は日本語で表記されていて、難解な英語で書かれた医療用語を辞書で調べるといった手間は一切ありません。

海外で健康診断というと面倒なイメージですがバンコクでなら嫌にならずに受診できるでしょう。